≫有機茶 曙茶園TOP

有機無農薬栽培への挑戦

開拓 山林から茶園への開拓

 当組合がお茶の栽培にあたって、徹底した有機無農薬栽培を
 実施するために山林開拓に踏み切ったのが昭和62年です。
 写真は山林開拓当時のものです。山林の道を切り拓く事から
 始め、茶の苗を植えれるようになるまで、3年の月日がかか
 りました。
 また、山林開拓にあたって周辺から異物が混入する事がない
 よう、最大標高は600メートルの茶園を目指しました。


植栽状況1 植栽状況1

 開拓した山で茶園を耕している時の写真です。
 まるで荒野のような山を切り拓いただけの土・転石との戦いで
 した。

植栽状況2 植栽状況2

 下草もなく保水力が乏しい土質に対して連日の放水作業。
 放水には中古の元消防車を購入しました。


 奥四万十茶工場設立

 農薬を使用した茶葉と同じ茶工場で加工したのでは、せっかく
 の有機無農薬栽培した茶葉がもったいないと考え、当組合独自
 の茶工場を作りました。
 ここで作っているお茶の種類は煎茶・玉緑茶・釜炒茶が主です
 が、3種類の御茶の加工ができる工場は、全国でもめずらしい
 ようです。また、釜炒茶に使用している「釜炒り機」は、九州
 の釜炒り機専門の方になんとか頼み込んで作った頂いた国内で
 は大変めずらしい物です。


茶園 あけぼの茶園、植栽完了

 写真は平成22年に撮ったものです。
 上に記載している「山林から茶園への開拓」の写真と同じ位置
 から撮りました。
 ここまでくるまでに様々な障害を突破し、時には試行錯誤しな
 がら失敗を繰り返した事もありましたが、無事茶葉を摘み取る
 事ができ、皆さまに"安心・安全"をモットーとしたお茶をご提
 供できる事が何よりうれしいかぎりです。


≫有機茶 曙茶園TOP